お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト!

- お得な借り換え

更新情報


お得な借り換え



住宅ローンの借り換えは、借り換えをすれば必ずお得になるわけではありません。
いくつかの条件を満たした時、住宅ローンを借り換えすることでお得な借り換えとなるのです。

その条件とは、住宅ローンシミュレーションの残りの返済期間と今の住宅ローンと借り換えをする住宅ローンの金利差、さらに住宅ローンの残高です。
これら3つの条件が必ずしもそろっていなければ、住宅ローンの借り換えが無意味なのかというとそうではありませんが、そろっていると借り換えは負担軽減に絶大な効果が期待できます。
住宅ローンの返済期間ですが、まだ10年以上残っていますか。
住宅ローンの残高は、1000万円以上ありますか。
今の住宅ローンと借り換えの住宅ローンの金利差は1%以上ありますか。
これらが一つの目安となるのですが、例えば金利差を調べてみると0.5%しかなかったとします。

条件を満たさないので借り換えを見送ろう…と考える前に、もう少し検討してみてください。
返済期間と住宅ローンの残高によっては、シミュレーションしてみると総支払額が借り換えをすることによって減る可能性があります。
また、返済期間はもう10年をきっているけれども、金利差がかなりあると言う場合も借り換えで総支払額が減る可能性があります。
このように3つの条件の中で組み合わせることにより、住宅ローンの負担を減らせるのです。

シミュレーションをしてみたのだけれども、返済額がほとんど変わらなかったということもあるでしょう。
その場合、じゃあ住宅ローンの借り換えはやめようとなってしまいがちですが、ちょっと待ってください。
検討している借り換え先の金融機関の、手数料などをちょっと調べてみましょう。
今借りている金融機関での繰り上げ返済の手数料などはどうなっていますか。
繰り上げ返済の最低金額はいくらからですか。
住宅ローンは、繰り上げ返済をすることにより総支払額を減らせます。
手元に余裕資金があり繰り上げ返済を考えた時、手数料が高い場合と低い場合、さらには無料の場合では負担が違ってきます。
さらには、少しずつでも繰り上げ返済をしたいと考えた時、最低金額にとどいていなければ繰り上げ返済ができません。

Copyright(C)2014 お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト! All Rights Reserved.