お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト!

- 安定性を重要視


関連サイト一覧

安定性を重要視

住宅ローンの借り換えを行うには審査を通る必要があります。
新規でローンを組むときよりも借り換えを行うときのほうが審査は厳しいものがあります。
審査の条件は金融機関によって異なります。
審査項目はいくつかありますが、すべての条件をクリアする必要があるわけではなく総合的に見て完済まで返済していく能力があると判断されれば審査を通過することができます。
ローンの変更の審査には安定性が重要視されます。
ローンの返済は長期間にわたりますから安定して支払いを続ける能力が求められるというわけです。

この安定性は勤労形態や勤続年数などの状況から主に判断されます。
例えば派遣社員や契約社員ですと正社員に比べると仕事の継続がしにくくなる場合があります。
仕事の継続が困難になると住宅ローンの返済も延滞などの危険が出てきます。
そういった可能性も考慮され審査では不利となってしまうのです。
また、勤続年数に関しても3年を目安として判断されています。
しかし同じ業界内でのキャリアアップなどでの転職の場合は問題ありません。

勤め先に関しても中小企業より大企業のほうが安定していると考えられます。
これらのそれぞれが単独で審査の可否に影響を与えるわけではありませんが、安定性、収入、借り入れ金額などから総合的に判断されることになります。
住宅ローンを借り換える際にはこれらのことを念頭において不安な点を少しでも減らしておくとよいのではないでしょうか。

関連記事:

Copyright(C)2014 お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト! All Rights Reserved.