お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト!

- 金利や債務金額


関連サイト一覧

金利や債務金額

住宅ローンの借り換えを検討する際に、もう少し返済を進めてからと考える方もいるでしょう。
しかしそうすることでタイミングを逃してしまうことにもなりかねません。
住宅ローンの借り換えは返済期間が長いほうがお得になるという可能性もあるのです。
借り換えを検討する1つの基準として、返済期間が10年以上残っていることというポイントがあげられます。
もし現在の住宅ローンの残りの返済期間が10年未満の場合は借り換えを行っても思うように返済額が減らない場合もあるので注意しましょう。

返済期間が10年以上残っている場合には金利や債務金額などの条件によっては毎月の返済額2~3万円ほど減少する可能性もあります。
仮に2万円返済額を減らすことができたとすると、1年で24万円にもなります。
返済期間10年だとすると借り換え前と借り換え後とで240万円の差額が出ることになります。
借り換えには諸費用として数十万円ほどかかることが多いですが、それを差し引いてもお得に住宅ローンを返済できるといえるでしょう。

金利に差がある場合は返済期間が長いほど総支払額の差は広がります。
返済期間が長く残っている方も借り換えを先送りにするのではなく、一度金融機関ごとに比較をしてみてはいかがでしょうか。
金融機関によっては、ウェブサイト上で返済額のシミュレーションを行うことができるものもあります。
シミュレーションを行うことで実際にどれぐらい返済額が変わるのかを具体的にすることができますので、今後の返済計画をたてるのにも役立つでしょう。

関連記事:

Copyright(C)2014 お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト! All Rights Reserved.