お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト!

- 検討材料


関連サイト一覧

検討材料

住宅ローンの借り換えを検討する場合、いろいろな条件を検討材料にします。
あまり住宅ローンについてわからないという人にとっては、何をどのように比較・検討すればよいのだろうかとなるはずです。
住宅ローンで考えなければならないのは、返済総額と金利が一体どのような関係なのかです。
住宅ローンに限りませんが、ローン商品は金利が大きくなればなるほど利息が増えますので、当然返済総額が増えます。
つまり、金利の差が返済総額に大きな差を生むのです。
たった1%の差であっても、借入金額が大きい住宅ローンではかなりの違いになります。

この1%の差。
実際にはどのくらい違ってくるのでしょうか。
そもそも住宅ローンの返済総額は、返済期間や金利・借入している金額によって、違いが出てきます。
例えば、今1000万円を35年間で返済、金利が2%という条件だったとします。
この場合返済総額は1400万円ほどになります。
さらに金利が1%上がって3%になった場合、返済総額は1600万円となり、返済総額の差は200万円にもなるのです。

次に、借入する金額がさらに大きくなって3000万円になったとします。
借り入れ期間はいずれも35年間。
まず金利が2%の場合は、返済総額は4100万円となります。
一方金利が3%になりますと、返済総額は4800万円となり、なんとたった1%の差が700万円の差を生むのです。

住宅ローンは借入金額が大きくなっていくほど、最終的な返済総額に大きな差が出ます。
さらに返済期間も長くなればなるほど、やはり返済総額も膨らんでいきます。
このような住宅ローンの仕組みをしっかりと理解すれば、おのずと金利の低い住宅ローンへ借り換えをした方がメリットがあると考えられるのではないでしょうか。

関連記事:

Copyright(C)2014 お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト! All Rights Reserved.