お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト!

- 更年期症状と閉経の関係

最新情報


更年期症状と閉経の関係

更年期に起こるさまざまな身体の変化や不調が起こる原因は、閉経との関係が密接です。

早い人では40歳頃から、閉経の予兆があり、年数をかけて閉経が完了します。

ちょうど、その時期に始まるのが、更年期障害といわれる、更年期に起こる身体の不調です。

閉経は生理が無くなる以外にも、色々と女性の身体に変化をもたらします。

そんな閉経時期の症状について、詳しく知っておくことは、更年期の不調の対策にとても重要なことなのです。

閉経の時期は?

閉経時期は個人差がありますが、一般的に40歳を過ぎた頃から少しずつ身体が変化しはじめます。

閉経の平均年齢は50歳なので、だいたい50歳の前後10年間位が更年期の時期といえます。

自覚症状としては、まず生理不順が現れ始めます。

周期が短くなったり、経血量が減ったり、生理が不規則になりはじめます。

そうした生理不順が数年続いて、徐々に閉経を迎えます。

40歳未満での閉経は「早発閉経」といって、女性ホルモン減少という原因で起こりますので、病院を受診しホルモン療法などで対処できます。

閉経完了までの心配な症状について

生理不順が始まると、心配な症状が現れる事があります。

稀に、突然の大量出血が起こることもありますので、注意が必要です。

大量出血が起こる原因としては、女性ホルモンの減少による子宮内膜の増殖によるものがあります。

増殖し厚くなった子宮内膜が、突然剥がれ大量出血します。

毎月排出されていた内膜組織が、うまく排出できず貯まってしまいある日突然に排出されるのです。

その他、子宮内の病気が原因での出血という場合もあり、いつもと違う多量の出血が起きた場合は、早めの受診を心がけましょう。

更年期の生理不順の原因とは

女性が一生のうちに排卵する卵子の数は決まっています。

卵巣の機能は卵子の数が減ってくるとともに、役目の終わりが近づいた事を悟り低下します。

するとホルモンバランスが変わり、卵巣から分泌される「エストロゲン」が減少します。

エストロゲンが減少すると、「卵胞形成ホルモン」と「黄体刺激ホルモン」が過剰に分泌されてしまいます。

その過剰分泌が生理周期を乱す原因となります。

生理不順以外の更年期症状

閉経が始まって、完全に閉経するまでの時期が、更年期です。

生理周期が乱れるホルモンバランスの変化により、色々な症状が現れてくる場合があります。

どんな症状が現れるのかは個人差があり、日常生活に支障をきたすほどの人やなんとなく体調がすぐれないけれど更年期と気づかずに過ごしている方など色々です。

主な症状としては、以下のようなものがあります。

・のぼせ、ほてり、突然の大量発汗(ホットフラッシュ)
・手足の冷え
・頭痛
・腰痛、関節痛、肩こり
・不眠などの睡眠障害
・疲れやすさやだるさ

更年期の症状は多種多様なので自分自身では判断ができない場合も多いです。

原因がわかれば、治療法もありますし、サプリメントなどで症状が軽減する場合も多いです。

何か辛い症状が続く場合は、あまり我慢せず、婦人科で相談することが大切です。

更年期 サプリ 選び方|イライラ・めまい等の自律神経の乱れの症状改善

関連記事:

Copyright(C)2014 お得になる住宅ローン借り換えの条件とは?借り換え前に知っときたいコト! All Rights Reserved.